リフォームやエコジョーズ対応の次世代住宅ポイント最大60万ポイント

  • ガス給湯器の交換・工事のキンライサーホームへ
  • キンライサーの会社概要
  • 事業案内
  • 事業エリア
  • スタッフ紹介
  • リクルート
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • キンライサーの個人情報保護方針

文字サイズ変更

  • 小
  • 中
  • 大
> リフォームやエコジョーズ対象の次世代住宅ポイントとは?

次世代住宅ポイント最大60万ポイント

次世代住宅ポイント制度について

国土交通省は、10月の消費税増税に対する反動減の対策として、10月1日以降に新築住宅の購入およびリフォーム工事に適用される「次世代住宅ポイント制度」を創設することになりました。
要件は税率10%で行う一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームが対象となり、新築は最大35万ポイント、リフォームは最大30万ポイント分が付与されます(1ポイント1円相当)

また40歳未満の世帯となる若者世帯、18歳未満の子を有する子育て世帯がリフォームを行う際は、上限を45万ポイントに引き上げる特例も設けられます。

主な要件と発行ポイントの上限

もらえる人
住宅をリフォームする所有者など
主な要件
所有者等が施工者に発注(工事請負契約)して実施するリフォーム
所定の期間(※)に契約・着工し、2019年10月1日以降に引き渡しを受けること ※下記スケジュール表参照
もらえるポイント(※申請可能なポイントは最小20,000Pointから)

一般の世帯

安心R住宅を購入し
リフォームする場合(※)

45万ポイント/戸

上記以外の
リフォームを行う場合

30万ポイント/戸

若者世帯・子育て世帯

若者世帯

2018年12月21日時点で40歳未満の世帯

子育て世帯

2018年12月21日時点(または申請時点)
で18歳未満の子を有する世帯

自ら居住する住宅を
リフォームする場合

45万ポイント/戸

既存住宅を購入し
リフォームする場合(※)

60万ポイント/戸

※自ら居住することを目的に購入した住宅について、売買契約締結後3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結する場合に限る。

安心R住宅とは

消費者が安心して既存住宅物件を選択できる目印とするため、一定の性能を満たす既存住宅にマークを付ける国の制度です。安心R住宅は、新耐震基準に適合し、既存住宅売買瑕疵保険の基準に適合することが確認されています。

詳しくはこちら → 安心R住宅-国土交通省

対象となる住宅

全ての住宅が対象
(所有者等が施工者に工事を発注(工事請負契約)をして実施するリフォーム)

  • ※個人、法人問わず
  • ※マンション等の管理組合が実施するリフォームも対象
  • ※リフォームの申請には、工事前後または工事中の写真が必要です。撮り忘れた場合、ポイントの発行はされません。

対象期間

2019年4月~2020年3月末までに請負契約・着工したもの

※増税による反動減を考慮し、2018年12月21日~2019年3月末までに請負契約を締結する物件でも、着工が2019年10月~2020年3月末となる物件も制度の対象となります。

スケジュール表

このスケジュールからわかる通り、10月1日以降に引き渡しを受ける、つまり、原則として消費税10%(一部例外あり)で住宅を取得することが要件になります。

ポイントの発行期間と交換対象

1戸あたりの発行ポイント数は施工内容に応じて発行される合計ポイント数となり、1戸あたりの合計が20,000ポイント未満の場合はポイント発行の申請ができません。

発行期間は2019年6月頃以降を予定しており、交換対象となるのは「省エネ・環境配慮に優れた商品」「防災関連商品」「健康関連商品」「家事負担軽減に資する商品」「子育て関連商品」「地域振興に資する商品」等と発表されております。

リフォーム(貸家を含む)の施工ポイント対象

1戸あたりの発行ポイント数は施工内容に応じて発行される合計ポイント数となり、1戸あたりの合計が20,000ポイント未満の場合はポイント発行の申請ができません。

発行期間は2019年6月頃以降となっており、交換対象となるのは「省エネ・環境配慮に優れた商品」「防災関連商品」「健康関連商品」「家事負担軽減に資する商品」「子育て関連商品」「地域振興に資する商品」等と発表されております。

リフォーム工事 部位・名称 設定ポイント数
(1)開口部の断熱改修 内・外窓、ガラス 2,000~20,000ポイント×箇所数
ドア 24,000、28,000ポイント×箇所数
(2)外壁、屋根・天井、床の断熱改修 外壁 50,000、100,000ポイント/戸
屋根・天井 16,000、32,000ポイント/戸
30,000、60,000ポイント/戸
(3)エコ住宅設備設置 太陽熱利用システム 24,000ポイント/戸
高断熱浴槽 24,000ポイント/戸
高効率給湯器 24,000ポイント/戸
節水型トイレ 16,000ポイント/戸
節湯水栓 4,000ポイント/戸
(4)バリアフリー改修 手すりの設置 5,000ポイント/戸
段差解消 6,000ポイント/戸
廊下幅等拡張 28,000ポイント/戸
ホームエレベーター設置 150,000ポイント/戸
衝撃緩和畳の設置 17,000ポイント/戸
(5)耐震改修 150,000ポイント/戸
(6)家事負担軽減設備設置 ビルトイン食洗機 18,000ポイント/戸
掃除しやすいトイレ 18,000ポイント/戸
浴室乾燥機 18,000ポイント/戸
掃除社水レンジフード 9,000ポイント/戸
ビルトイン自動調理対応コンロ 12,000ポイント/戸
宅配ボックス 10,000ポイント/戸
(7)リフォーム瑕疵保険への加入 7,000ポイント/戸
(8)インスペクションの実施 7,000ポイント/戸
(9)若者・子育て世帯による既存住宅の購入(※1)を伴う税込み100万円以上のリフォーム(※2)(※3) 100,000ポイント/戸
  • ※1 自ら居住することを目的に購入した既存住宅であること
  • ※2 売買契約締結後3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結すること
  • ※3 リフォーム工事の内容は、(1)~(6)に該当しないものも含む

発行ポイント:(1)~(9)のポイント数の合計(ただし、上限額まで)

家事負担軽減に質する商品

ポイントの対象となる家事負担軽減設備とは、以下の次世代住宅ポイント制度の事務局に登録された型番の商品をいいます。

家事負担軽減に資する設備 | リフォーム | 次世代住宅ポイント事務局

  • ビルトイン食洗器
  • 掃除しやすいレンジフード
  • ビルトイン自動調理対応コンロ
  • 浴室乾燥機
  • 掃除しやすいトイレ
  • 宅配ボックス

エコ住宅設備

ポイントの対象となるエコ住宅設備とは、以下の次世代住宅ポイント制度の事務局に登録された型番の商品をいいます。

エコ住宅設備 | リフォーム | 次世代住宅ポイント事務局

  • 節水型トイレ
  • 高断熱浴槽
  • 節水水栓
  • エコキュート
  • エコジョーズ

申請方法など

ポイント発行申請は、原則、対象住宅の所有者となる方等が行います。

申請は、原則、工事完了後に行います。ただし、「1,000 万円(税込)以上のリフォーム工事」については、工事完了前であっても、必要な書類が整い次第、ポイント発行申請を行うことができます。

なお、工事完了前にポイント発行申請を行う場合は、工事完了後に完了報告の提出が必要です。完了報告書類が提出されない場合には取得したポイント相当分の返還が必要になりますので注意しましょう。

次世代住宅ポイント
ポイント申請の流れはこちら

次世代住宅ポイントに関するお問い合わせは以下まで

ナビダイヤル:0570-001-339

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝含む)