デザイナーとして、
この会社と共に飛躍したい。

マーケティング部

A.H

2021年5月入社

オリジナルの提案にやりがいを覚えた営業職時代

以前は出版社で広告営業をしていました。
定型の広告枠をご紹介する仕事でしたので、お客さま個々のニーズに応えられないこともあります。
私はそれを仕方ないからと割り切れず、消化不良な毎日を過ごしていました。

そんな中、あるお客さまにオリジナルの冊子を提案させていただけることに。
課題のヒアリングを重ね、夢中で構成案を作り、契約いただくことができました。
お客さまのためになりたいと一から考えたものが、採用されたことが嬉しくて嬉しくて。

その時のことは今でも鮮明に覚えています。

これが、「課題解決のためにモノを作る」仕事をしたいと思ったきっかけです。
元々絵を描くのが好きだったこともあり、デザイナーを次のキャリアに決めました。

真摯に向き合ってくれる姿勢に惹かれた

未経験職種への転職のため簡単にはいかないと思い、一気に60社ほど応募しましたし、スキル不足を責められたり、冷たくあしらわれることも覚悟していました。

その中で、キンライサーの面接担当だった人事部長、マーケティング部の上司はあくまで両者のマッチングを念頭に置いて向き合ってくれ、とても好感が持てました。
面接後のフォローも手厚く、社員を大切にする会社だと感じました。

「この会社で頑張ろう」と決めるのに、ほとんど時間はかかりませんでしたね。

入社3ヶ月で舞い込んだ、ブランディングの一端を担うチャンス

私が入社した当時は、キンライサーのブランド転換期でした。
今後のブランド戦略を元に、キンライサーの業界ポジション・強みをどう表現するかを考えます。
それがお客さまに見える形で現れるのが、各メディアです。
CM、企業情報サイト、企業ロゴ、店舗看板、社用車デザイン…次々と刷新されていきました。

その中で私は、お客さま向けの給湯器Webサイトの新しいデザインを担当することに。
新しいキンライサーブランドを表現するのにふさわしいカラーやテイストを決め、デザインしていきます。
マーケティング部のメンバーにたくさん助けられ、新CM開始日に合わせてWebサイトもリニューアル公開されました。

貴重な経験をさせてくれた上司や、技術力でカバーしてくれた先輩方に感謝しています。
この経験によって、「ブランディングを担っていく」という意識を持つことができました。

マーケティング部のメンバーとして、やりがいと責任を感じています

キンライサーの大きな特徴は、高い集客力とプル型のビジネスモデルです。
マーケティング部の仕事は、キンライサーというブランドの認知度と信頼感を高めていき、実際の集客に繋げていくことです。

当社の強みは接客や施工の品質の高さであり、それをばらつきなく安定的にご提供できることです。
その魅力をさまざまなメディアを通してお客さまにお伝えし、お見積もりのご依頼をいただく。
この一連の流れを作ることにマーケティング部は注力しています。

この流れによって、営業職の皆さんが既に当社に興味を持つお客さまに対しての営業、つまり反響営業に専念できます。お見積りをご依頼いただいたお客さまにご成約いただける確率は、高い時では50%に及ぶほど。

集客から営業、そして施工に至るまでの一連の効率性と連携力が当社のビジネスモデルの強みです。
効率性を突き詰めた結果、給湯器が故障してお困りのお客さまが当日や翌日にも交換できることがサービスの特徴になっています。

高い顧客満足度から良い評判が生まれ、質の高いサービスを提供できている会社であるということをイメージしていただく。
そのことを念頭に置き、日々制作業務に携わっています。

お客さまと直接関わらないからこそ、「伝える」にこだわる

キンライサーの一デザイナーとして心がけているのは、「分かりやすいデザイン」です。
当社のお客さまは、2、30代の方からご高齢の方まで幅広いため、
どんな方でも理解しやすいよう、情報の取捨選択と伝え方にこだわっています。
「正しい情報を、間違いなく伝える」。
それが、インフラを届ける当社のデザインにおいて重要なことだと考えています。

その上で、日本中の方々が「キンライサーと言えばこのデザイン」と分かる個性が出せると最高ですね!

ブランディングの中心人物になるため、日々成長していく

現在主に担当しているのは、お客さま向けWebサイトのデザインです。
意匠だけでなく、ページ内の構成やライティングをすることもありますが、守備範囲は「目に見える表層部分」と言うと分かりやすいかもしれません。

理想の姿は、制作だけでなく、その前段階の戦術を考える過程にも関わること。
そして、将来的に会社のブランディングを担う中心人物になることです。
そのため、細やかなデザインの練習を筋トレのように積み重ねつつ、些細なことでも自分の提案から実際に形にする流れを作れるよう心がけています。

デザインを武器にキンライサーをさらに飛躍させる、そんな人物を目指しています。

1DAY SCHEDULEとある一日の流れ

9:00

出社

新しく作るWebページのための調査など

10:30

マーケティング部会議

制作物の進捗確認やマーケティング方針の議論など

13:00

昼食

お弁当を食べる。他部署の方と一緒に外食することも

13:00

デザイン作業

17:00

デザインチェック

上司からデザインフィードバックを受ける

18:00

退社

デザイン関連の本を読んだり、アニメを見る

MESSAGE未来のキンライサーのメンバーへ

宣伝する立場から見たキンライサーの魅力は、お客さまに高く評価いただいているサービス品質です。
そのままの事実を伝えることが強みになるため、直接お客さまにサービスの提供をしているスタッフの皆さんにはとても感謝しています。営業職や施工職ご希望の方も、お客さまのために良いサービスを提供する志を持ったメンバーと共に、誇りを持ち働けると思います。

既に「給湯器の会社」として広く知られつつありますが、もっと多くの方にキンライサーのサービスを体験していただきたい。
「自分が会社を成長させる」という野心を持って、一緒にキャリアを磨いていきましょう!

※本インタビューは2022年4月現在の内容です。

ENTRY

新たな分野にチャレンジしたい方、
自身の能力を思う存分に発揮したい方、
あなたのご活躍をお待ちしております。

エントリー