05. 川上住設
川上ご夫妻様

川上住設 川上ご夫妻様

男性と女性が
上手く仕事を分担することで、
お客様に喜ばれる細やかさと安心を
提供できていると思います。

大阪府大東市に拠点を構える川上住設様は、ご夫婦と1名のスタッフにより事業の経営をされています。
キンライサーとは2018年11月からパートナー契約を結び、切磋琢磨しながらここ数年の急成長を支えていただいておりました。
給湯器を中心に、洗面・トイレ周りの住宅設備も取り扱っておりますが、男性と女性が適材適所に手分けをしながら高い品質の施工をされており、お客様の満足度も非常に高いことが特徴です。

「給湯器に仕事を寄せていくことで、仕事の効率が良くなりました。」

キンライサーのパートナーになろうと思ったきっかけは何ですか?

旦那様:テレビCMやホームページを見て、給湯器を専門的にやっている会社ということを知りました。
給湯器と言えば毎日絶対に使うもの、つまり生活必需品、そういう部分にチャンスがあるのでないかと。
そこで施工パートナーの募集をしていたことを知り、私からお電話させていただいたのが最初のきっかけです。

給湯器のお仕事が占める割合はどのくらいですか?

旦那様:仕事の9割ぐらいはキンライサーからいただいた給湯器の仕事で成り立っていますね。
元々、私達は給湯器専門というわけではなかったのですが、結果的にキンライサーのお仕事が増えてきている状況です。
今は1日あたり大体3件程のご依頼をいただいており、そのぐらいが労働時間と収入のバランスが最も良い状態ですね。

また、以前は夏場の仕事は少ない傾向でしたが、去年以降は夏も安定してお仕事をいただけているので、一年中安定してきています。

給湯器に仕事を寄せていくことで良かったことはありますか?

旦那様:住宅設備全般をあまり手広く引き受けてしまうと、実は一台の車に載せられる量、これには商品以外にも資材や工具なども含まれるのですが、すぐにそのキャパの限界が来てしまうのですね。
住宅設備にはガスコンロや洗面台周りなどの色々な種類があるのですが、施工内容によって必要な資材や備品も変わってくるんです。
どれだけ効率よく1台の車に載せられるかが1日の仕事量や収入にも影響してきますので、給湯器に寄せながら仕事をするということが効率化にも繋がっています。

川上住設 川上ご夫妻様

「給湯器交換の仕事では、女性ならではの安心感をお客様に提供できます。」

奥様も施工のお仕事をされておりますが、旦那様とは主にどういう分担をされているのでしょうか。

奥様:私はリモコンの設置や現地写真の撮影など、家の中の作業を中心に担当することが多く、主人は給湯器本体の交換作業という分担が多いですね。

女性であることをプラスに感じたことはありますか?

奥様:独身女性や平日の主婦の方々は、一人で家にいる時に男性の作業員が家に上がるということに不安を感じる方もいらっしゃいます。そのために、ご主人が家にいる休日などに施工日を指定をされるような方もいらっしゃいますから。
そういう部分では、女性がご自宅に訪問するという安心材料もあると思っています。

それに、私が女性であるせいか、気軽に世間話をされる主婦の方もいらっしゃいますし、もし施工時にあまりお話ができなかったとしても、事後のお客様アンケートなどでは「女性のスタッフが来てくれて安心でした」という声が意外に多いんですよね。

給湯器のお仕事を始めるまでに抵抗はなかったのですか?

奥様:昔は施工のような仕事をする女性というのは少なかったのですが、ここ最近では大工さんや運送業などの異業種の方々にも女性を多く見かけるようになりました。
私も最初は車番をしているだけだったのですが、施工の現場を外から見ていて・・・、でも見るだけではだんだん物足りなくなって、そこから自分でも少しずつやってみようかなという気になってきました。
そんなことを繰り返していたら、いつの間にか施工が出来るようになっていましたね。

だから、いっそのこと男性の人ができないことをやろうと思っています。

川上住設 川上ご夫妻様
キンライサーのお仕事で大変だったと思う部分はありますか?

旦那様:キンライサーはマニュアルやルールが多めで、内容もしっかりしているんですね。
たとえば、施工の途中にお客様に仕上がり具合を確かめたり、お湯の温度をきちんとチェックしたり、リモコン操作の説明をしたりというのは、施工会社によってはそこまではやらないんです。
「前の機種と同じように施工をしておきました。操作方法は説明書を読んでください。」という風に省略して済ませることも可能なのですが、キンライサーはそうではない。

これは施工者側からするとそれなりの負担にもなりますし、その分時間もかかることになります。
でも、こういったマニュアルやルールがあることによって品質基準が明確になってきます。
なので、ほとんどのトラブル等は未然に防げるというメリットもあると思います。
こういった確認作業や説明をお客様にさせていただくことで、もっと満足していただける、だから最終的には私達の仕事も安定して増え続けるということにも繋がっていると思うんです。

それに私達はパートナーという立場であるものの、お客様から見れば社員と何も変わらないんですね。
キンライサーの名刺をお客様にお渡しして仕事をしているわけですから。
社員と同じレベルのサービスを提供しなければ、高いレベルで均質化されているサービスは成り立ちません。

それは施工者としては大変ですけどお客様にはプラスな話ですね。キンライサーに対して厳しいご意見や率直なご要望はございますか?

奥様:これはたまになんですが、大阪から兵庫といった行動範囲が広く移動時間がかかったりする場合があります。
もう少し効率よくスケジュールを組む方法※があるのではないかと思っています。
(※パートナー様の1日の施工スケジュールは、キンライサー社員が事前に組んでおります。)

すみません。。。実はシステムのバージョンアップを年内にやろうと思っていまして、施工スタッフの方々の移動時間や待機時間の無駄を出来る限り減らせるように、きちんと対応させていただきますね!
川上住設 川上ご夫妻様

「キンライサーは営業さんも他のパートナーさんも、みんなが仲間という感じです。」

パートナーさんから見て、キンライサーという会社の印象はいかがですか?

奥様:施工社員の方は皆さん親切ですね。分からないことがあれば丁寧に教えてもらえます。
社員の方以外では、他のパートナーさんとも朝に顔を合わせることがあるのですが、こちらも親切で爽やかな方が多いんですよね。

本来、他のパートナーさんというのは仕事上ではライバル関係にあるということが少なくないんです。
だから、こういう現場に来ると、どうしてもギスギスした空気が出てしまうことも多いんですね。

キンライサーの中で会うパートナーさんには、そういう空気がなぜか無い。
それは社員の方々の社風が影響しているのかもしれません。
和気あいあいとしていて、みんな仲間という雰囲気なんです。
これからパートナーになろうとしている人にとっては入りやすい環境だと思います。

お問い合わせ

弊社サポートスタッフより
翌営業日までにご連絡させていただきます。

お問い合わせはこちら